高血圧にならないよう気をつける人たち

高血圧のまとめ特集

高血圧になってしまうと色々なリスクを背負うことになり、普段の生活も見直さなければなりません。特に食事は塩分を控えなければなりませんので気を使います。高血圧にならないためにも食事や運動などをして健康を維持しましょう。

高血圧は日本人に多い疾患

生活習慣に根付いている疾患を問題視するようになったのは日本だけではありません。世界的に見ても健康に対する意識が高まってきており、高血圧や脂質異常症、糖尿病、肥満といった死の四重奏とも呼ばれる生活習慣病の代表的な疾患の予防と治療には世界中の人が取り組んでいます。日本においてとりわけ問題として取り上げら得るようになっているのが高血圧であり、成人の4割程度が罹患していると考えられています。日本人には高血圧になってしまっている人が多く、それに気づかずに生活することになってしまっている人も少なくないと推定されている結果としてこういった割合が算出されています。4割もの人が該当することになってしまっている背景には、日本の伝統食の中には塩分が多い食事が比較的多いということが原因と考えられています。漬物を代表としてうどんやそば、すしといった食事では一食で一日の摂取量を越えてしまうような塩分が含まれている食事も多く、その食生活が続けられてきたことによって血圧がたかくなってしまいがちになっていると考えられています。このため、日本人における高血圧治療では減塩が基本的なアプローチとして採用されることになるのが一般的です。高血圧にならないためにと減塩の調味料も開発されてきており、減塩醤油や減塩味噌を代表として塩分が控えられた調味料が人気を集めるようになってきています。一方、健康に対する意識が高まってきたことを受けて塩化ナトリウムという意味での塩ではなく、海塩や岩塩などの他のミネラルも含まれている塩を使用するという人も多くなってきているのが現状であり、食生活を大きく変えずに減塩するという方法もとられるようになってきています。